光脱毛の利点

Pocket

今なぜ、これほどまでに脱毛サロンでの光(レーザー)脱毛が注目されているかというと、女性の「簡単に」「安く」「安全に」「きれいに」なりたいという要素を持っているからなのです。自宅で自分でするよりも「簡単に」でき、昔に比べると安くなったとはいえ、医療用はまだ高くてサロンは「安く」手が届く。肌への負担や刺激、副作用を考えた時も少なく「安全に」できるし、全身脱毛のコースもあり、顔や背中などの、敏感な失敗したくない部分、自分でできないところまでもできて、「きれいに」なるからなのです。

また、痛みに弱い方、毛を生やした状態での施術を望まない方などにも適しています。そして、一度にまとめて何本も処理できるので短時間ですみます。徐々に毛がなくなるとさらに利点が。毛穴が開きにくくなり、余分な皮脂や汚れもたまりにくくなります。そうなると毛穴が引き締まり、キメの細かい肌になり、トラブルも起こしにくくなるのです。

すべての脱毛法にはメリット・デメリットがあり、それを踏まえたうえで脱毛法を選ぶべきです。また、自分に合った方法・肌に合った方法を選んでください。近年は脱毛法も増えて選択肢が広がっています。まずは、自分がどうしたいのかを、どこまですれば納得するのかを考えてから選ぶ方法もありますよ。

<参照資料>La dolce

光脱毛の特徴と注意点

Pocket

光脱毛は医療用のレーザー脱毛と比べると価格が安く肌への刺激や負担が少ないので、一番人気のサロンでの脱毛法です。ただ、格安サロンの中には悪質な業者もいるようなのでよくリサーチしてください。また、人気がある脱毛サロンは予約が取りにくかったり、毛周期に合わせて脱毛を行いたいのに予定が合わないなどもあります。光脱毛は医療用のレーザー脱毛と比べて施術回数が多く、時間がかかります。広範囲を徐々に抑毛するので、短期間ですませたい方は医療用をおすすめします。

光脱毛はサロンや使用する器具によって様々な名前で呼ばれます。「フラッシュ脱毛」「美容脱毛」「VIP脱毛」などです。これらはすべて光脱毛と同じ脱毛原理なのですが、サロンによって独自性を持つために違ったネーミングをされているのです。レーザーの種類やジェルなどの違いで呼び方が変わります。光脱毛の中に「IPL脱毛」と「SSC脱毛」というものがあります。これらも光脱毛の一つなのです。

光脱毛とレーザー脱毛には注意しなければならないことがあります。黒い色素(メラニン)に反応するので日焼けした肌や、ほくろやシミに反応してやけどしてしまうこともあります。また、色素の薄いうぶ毛や白髪への脱毛効果はあまり期待できないということです。

レーザー脱毛の違い

Pocket

レーザーを使った脱毛は、基本的には同じ原理で、皮膚の表面の黒い色素(メラニン)に反応する光を照射して、毛穴にダメージを加えてムダ毛を生えさせないようにしています。最近では、家庭用の光脱毛器も効果が得られる商品が出てきています。しかし、サロンやエステで行う光脱毛よりはパワーが弱く、地道にコツコツ時間をかけないとなかなか効果を感じられない場合もありますが、好きな時に場所に縛られずに家族でシェアできる利点もあります。金額も安くおさえられますが、処理後の肌ケアも自分で行う必要があります。

クリニックで行う医療用のレーザー脱毛は、サロンやエステで行う光(レーザー)脱毛と違います。光の波長と照射エネルギーに大きな違いがあるのです。クリニックでの医療用のレーザー脱毛は、一か所に絞り込んで照射するので出力が強く、医療行為にあたり、医師によってのみ行われます。毛根部分の毛乳頭などを破壊するので永久脱毛といえます。しかも光(レーザー)脱毛よりも通う回数が少なくてすみます。

一方、サロンやエステでの光(レーザー)脱毛は医療行為ではなく、毛根部分を破壊せずに抑毛するというものです。広範囲にレーザーを照射するので出力が弱く、医師でなくても行えます。レーザーを使う脱毛すべてのものに個人差があるので、どれが一番いいとは一概には言えません。

光脱毛やその他の脱毛法

Pocket

ムダ毛は女性の敵。一度は脱毛しようと迷ったことがあるのではないでしょうか。選ぶ前に脱毛のことを知っておきましょう。実はいろんな脱毛の種類があるのです。まずは行う場所でも分けられます。家で自分でする場合、脱毛サロンやエステティックサロンでする場合、クリニックでする場合です。これらは脱毛のコースや施術法にもよりますが、一番安くできるのは家でする場合で、次に脱毛サロン、エステティックサロン、クリニックの順に高くなります。

家で自分でする場合でもいくつかの脱毛法があります。「毛抜き」、「カミソリ」という手軽だけれど何度も処理を繰り返さなければならないものや、「除毛クリーム」や「ワックス脱毛」のように、次に生えてくるまでの期間が長くなり、毛が生えてきたときに毛先が太くなりにくく、肌がチクチクしないというものもあります。このうちのワックス脱毛は、脱毛サロンやエステでも行われることがあります。また、「家庭用の光脱毛器」も自宅で気軽にできることから増えてきています。

脱毛サロンやエステでは、そのお店にもよりますが、光脱毛またはレーザー脱毛を主にしているところが多く、専門の資格を持つ「脱毛士」がいるエステでは「ニードル脱毛」をしているところもあります。ニードル脱毛は、毛穴に直接針を刺し、毛根部分に電流を流して脱毛する、永久性の高い脱毛法です。しかし、痛みを伴うことと、生やした状態で一本一本処置する施術となり、時間とお金がかかります。確実な永久脱毛を望むのならクリニックでの「レーザー脱毛」をするという選択肢もあります。