レーザー脱毛の違い

Pocket

レーザーを使った脱毛は、基本的には同じ原理で、皮膚の表面の黒い色素(メラニン)に反応する光を照射して、毛穴にダメージを加えてムダ毛を生えさせないようにしています。最近では、家庭用の光脱毛器も効果が得られる商品が出てきています。しかし、サロンやエステで行う光脱毛よりはパワーが弱く、地道にコツコツ時間をかけないとなかなか効果を感じられない場合もありますが、好きな時に場所に縛られずに家族でシェアできる利点もあります。金額も安くおさえられますが、処理後の肌ケアも自分で行う必要があります。

クリニックで行う医療用のレーザー脱毛は、サロンやエステで行う光(レーザー)脱毛と違います。光の波長と照射エネルギーに大きな違いがあるのです。クリニックでの医療用のレーザー脱毛は、一か所に絞り込んで照射するので出力が強く、医療行為にあたり、医師によってのみ行われます。毛根部分の毛乳頭などを破壊するので永久脱毛といえます。しかも光(レーザー)脱毛よりも通う回数が少なくてすみます。

一方、サロンやエステでの光(レーザー)脱毛は医療行為ではなく、毛根部分を破壊せずに抑毛するというものです。広範囲にレーザーを照射するので出力が弱く、医師でなくても行えます。レーザーを使う脱毛すべてのものに個人差があるので、どれが一番いいとは一概には言えません。